読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまみしゅらん これは私が200軒のパン屋を巡るブログ!

やまみしゅらんが独断と偏見でおすすめのお店をご紹介していくブログです。

滋賀 近江八幡 ◆たねや 日牟禮乃舎◆ 和菓子 丁稚羊羹 つぶら餅

◉きょうのすいーつ 滋賀 近江八幡 関西

たねや 日牟禮乃舎◆
★★★☆☆ 3つ星(勝手に評価)

たねやとは,七代目 山本久吉が京都 亀末にて修業後,「種家末廣」の屋号で旧八幡町池田町に創業され,後に屋号を「種家」と改名されました。


落ち着いた佇まいの立派な古民家です。
時代劇にもでてきそうな風格のある店構えの縁側には大きな大木が立っています。
お店に入ると販売スペースがあり,左手奥には「たねや膳」などのお食事がいただけるお食事処があります。
{B041D3AA-117E-4F72-8D93-D347EE7C8518}
{69D9CEB1-4FE7-42DE-999A-FCCB563991DC}
せっかくなので店内でいただきたかったのですが,店内はランチをいただく方のみのご利用だったので入れませんでした。
今回は手前のベンチ席でいただきましたが,次回は是非とも店内でいただいてみたいです。
{4373A315-9E02-469A-9FA6-F9BCDD12D7C7}
{3126526C-D7BB-4B84-A038-E3E92E18DBB5}
{F4D99C97-91D6-4B14-B007-C2ACEE67164B}
✴︎つぶら餅✴︎
店内のガラス張りの厨房でつぶら餅を焼かれています。
丸々としたフォルムといい焼き色といい完全にたこ焼きに見えます‼︎(笑)
焼いている鉄板もたこ焼き器に見えてしまうくらいです(笑)

できたて熱々を1個からいただけます。
近江産の糯米を炊いて粒餡を包んで焼き上げたものだそうです。
コロコロと転がっていきそうなくらいまんまるです‼︎
表面はカリカリ中はモチっとした生地なので揚げ饅頭のようです。
甘すぎず素朴な味なので何個でも食べれちゃいそうです。
コロンとした丸いフォルムが可愛らしいです♡
経木の舟に入れていただけます。
{8FCC2774-6F13-4E41-90D4-2A92911DF459}
つぶら餅をいただきながら作られているところをまじまじと見させていただきました。
鉄板に入れられた時は大福のようなのですが,たこ焼き器のような鉄板で焼かれているにつれて,だんだん膨らんできて見事なまん丸なフォルムになっていくのです‼︎

{D0FE12B4-D29E-4A48-AE58-347EAFF3F7A1}
{98487996-723F-4D84-8578-4EAD083DDDA7}
{BF70E4C5-D9CF-4DB8-A128-E04FEE32296F}
あずき茶がサービスで付いてきます。
これがまた美味しいんですよ〜♡
お代わりをいただきたかったのですが,先を急ぐのでまた次回を楽しみにしておきましょう(^^)


✴︎日牟禮乃舎限定 丁稚羊羹✴︎
近江八幡の名物だそうです。
「丁稚羊羹」は京都や大阪の大きな店で働いていた ”丁稚どん” とよばれる奉公人がお正月やお盆に故郷に帰り,休みを終えて奉公先に帰る時にお土産にした手頃な ”蒸し羊羹” だそうです。

一見とても甘そうに見えますが,甘さ控えめでかなり食べやすかったです。
笹の葉で包まれているので,いただく時も香りがしてとても良かったです。
さすがたねやの餡なだけありますね‼︎
羊羹があまり好きではない私でもいただくことができました。

{08D3AF59-A8AB-4A75-96BE-F7C904BE3B90}

{09F19E98-C665-44AC-B57C-41837E14394D}
{ACBC282F-3511-4F37-9148-82780FC0D704}
{9FD40962-64F5-4A13-819B-3A2183B90923}



TV・雑誌掲載
お取り寄せ有
TAKEOUTできる
関西関東多店舗
滋賀県近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ
 

営業時間/9:00〜18:00 (L.O.17:00)

ランチ 11:00〜15:00 (L.O.15:00)

定休日/年中無休

明治5年(1872)創業

駐車場あり


参考になった方は
ワンクリックお願いします♡

広告を非表示にする