読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまみしゅらん これは私が200軒のパン屋を巡るブログ!

やまみしゅらんが独断と偏見でおすすめのお店をご紹介していくブログです。

鳥取 米子◆寿製菓株式会社◆スイーツ 和菓子

◉きょうのすいーつ 鳥取 米子

◆寿製菓株式会社◆
★★★★☆ 4つ星(勝手に評価)

✴︎白ウサギフィナンシェ✴︎
モンドセレクションを6年連続最高金賞受賞されています。
このフィナンシェは”因幡の白うさぎ”発売から40周年を記念して作られたそうです。

コロンとしたウサギの形が可愛らしいです♡
アーモンドの香ばしい香りと芳醇な地元産大山バターのコクが特徴の贅沢なフィナンシェです‼︎
外はサクッと中はしっとり柔らかくて美味しいです♡
お土産シリーズではダントツの美味しさです♡♡

そして1つ1つ個包装されているので,お土産にもらっても分けて食べられるのでとてもありがたいです。
{D89B7EA6-2516-4470-9EC1-9ED50A5ADC5A}

{CB5B7F00-10C9-4882-845E-30C6A71633A0}

✴︎因幡の白うさぎ✴︎
全国菓子大博覧会 名誉総裁高松宮賞を受賞されたそうです。
昭和42年に販売が開始され,現在は「鳥取を代表する銘菓」となっております。

出雲神話に出てくる因幡の白兎は,大国主命と八上姫の縁を結ぶ役目をした日本最古の縁結び物語のシンボルとされ,福を呼び縁を結ぶと言われています。

その”因幡の白兎”を基にした焼きまんじゅうです。
大山バターを使用することでコクと風味を出されていてかなりずっしりと重みがあります。
なめらかでしっとりとした黄身餡は,バターが効いている洋風バター餡になっています。
ちょっと甘めなので渋茶に合いそうです。

白兎の赤い目は赤大根から抽出した天然色素を利用されています。
元々この”因幡の白兎”には目がついていなかったそうです。
しかし,工場見学に来られた小学生から「目があったほうが良い」という声をいただいたため,赤い目をつけ始めたそうです。

こちらも1つ1つ個包装されているのでお土産にはありがたいです。

{276F9255-8BE7-426F-9D75-ABE98025FE5A}

{41ED7E8F-4EA4-4363-8FA3-735C0C6B6DD8}

直接の店舗はなく,鳥取県内のたくさんのお土産店で販売されています。
支店がいくつかございますが販売はされていないようです。


1993年にオープンされたまるで本物のお城のような「お菓子の寿城」では販売やイートインスペースもあるそうです。
お城は米子城をモデルに作られ,石垣は一部 旧米子城より移築されたものを使用する程のこだわりだそうです。
これは是非1度行ってみたいです‼︎

{9E46E3B2-6F50-4F21-A7F8-67B3A7FA0C8A}
HP引用



TV・雑誌掲載
お取り寄せ有
TAKEOUTのみ
鳥取5店舗、工場2店舗
本社工場
鳥取県米子市旗ヶ先2028 (販売なし)
昭和27年(1952)創業

http://www.shirousagi-goen.com/


お菓子の寿城

営業時間/9:00〜18:00

定休日/年中無休

駐車場あり

http://www.kotobukijo.jp/sp/



参考になった方は
ワンクリックお願いします♡

広告を非表示にする