読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまみしゅらん これは私が200軒のパン屋を巡るブログ!

やまみしゅらんが独断と偏見でおすすめのお店をご紹介していくブログです。

奈良 五條◆柿の葉すし本舗 たなか◆寿司 和食

◉きょうのごはん 奈良 五條

◆柿の葉すし本舗 たなか◆
★★★☆☆ 3つ星(勝手に評価)

昔から,五條市から西吉野村にかけてが柿の産地なのだそうです。

貴重なタンパク源である魚を塩でしめて保存性を高め,乾燥を防ぐために一つずつ柿の葉で包み,重石で余分な空気を抜き発酵を促し,酢飯と一緒に柿の葉で包んだ昔ながらの郷土料理です。

昭和54年に昭和天皇皇后陛下に柿の葉寿司を献上されたそうです。

お米は滋賀県東近江市の特別栽培米”日本晴”を使用し,鯖は熊野灘で獲れる紀州鯖をかつて使用していましたが,現在は厳選された国産鯖を使用されています。

丁寧に包まれた柿の葉をはがすと四角いお寿司がでてきます。

✴︎鮭・鯖・鯛
塩でしめた鯖は少し小さめで薄く,酢飯の上にのっています。
お米の硬さは硬すぎず柔らかすぎずちょうど良い感じです‼︎
酢がキツめで若干酸味が強いように感じます。
柿の葉の味は特にはしません。

{C5EFC39A-AF0B-421E-A16B-72C2E11D697D}

鮭は鯖に比べると少しあっさりめですが,やっぱり鯖が1番好き‼︎
小鯛の半身は皮まであり,身が引き締まっています。

{CD62E95D-1D28-4219-BD95-302251D101B0}

たなかの柿の葉寿司はお醤油をつけずにいただきます‼︎
小ぶりなので足りるかな?と思いますが,あとから満腹感がでてきます。


昔は生の柿の葉を使用していましたが,現在は年中食べられるよう塩漬けした柿の葉を使用されています。
毎年 夏になると限定で生の葉の柿の葉寿司が販売されるそうです。
味が違うようなので是非とも昔ながらの味を一度食べてみたいです‼︎

さらにオーブントースターで5分程 柿の葉ごと焼くとまた違った味わいができるのだそうです。
これもやってみる価値がありますね‼︎

なら本店にはイートインスペースがあるそうで,ランチセットはすぐ売り切れてしまうほど人気なのだそうです‼︎



TV・雑誌掲載
お取り寄せ有
TAKEOUTのみ
奈良15店舗、大阪8店舗
五條本店
奈良県五條市新町1-1-15

営業時間/7:30〜19:30

定休日/年中無休

駐車場あり


なら本店

奈良県奈良市東向中町5番地2
 

営業時間/9:30〜19:30

定休日/年中無休

駐車場なし

明治36年(1903)創業


参考になった方は
ワンクリックお願いします♡

広告を非表示にする